精神病も珍しくない時代|人生大逆転モード突入で輝く未来

楽しい

人生に悩む時期

最初のきっかけ

カウンセリング

私は学生時代、クラスにうまくなじむことができなくて、毎日教室に行くことが憂鬱でした。自分の居場所がないクラスで、休み時間になると必ず図書室を利用して、自分で逃げ場を作っていました。最も辛かったのが食事の時間で、ほかの人は机同士をつなげて、向かい合って座り弁当を食べている中で、私は一人で食べるしかなかったのです。そんな日々を何年も続けているとある日、ベッドから起き上がることができなくなりました。母親は私の怠け癖が出たといい、無理やり学校に行かせようとしましたが、気持ちがずんと落ち込んでしまい体が思うように動かない状態だったのです。時間が経てば体調がよくなると思っていたのですが、何日学校を休んでも、気持ちの沈んだ状態と体調の悪さは治りませんでした。次第に両親も心配したのか、私に精神科を受診するように勧めました。私は精神科というところは鉄格子があって、暴れている人たちを収容するところだというイメージがあったので、強く抵抗しました。しかし内科の医師にも精神科を勧められ、自分でもネットで実情を調べてみると、私のイメージは勝手に根付いたものあるということがわかりました。精神科の医師は優しく、私の話を聞いてくれました。

改善に向けて

自分のことは自分が一番わかるとはよく言いますが、それは間違いであると思います。私は学校で受けていたストレスを医師に吐き出していくうちに、どんどん心が軽くなっていきました。医師も私の境遇に同情してくれて、どうやって今の状況から抜け出すか、親身になって相談に乗ってくれました。私は精神病にかかっていました。そのため対人コミュニケーションが難しく、知らずのうちに人を遠ざけていたということを、医師と話すうちに気付くことができました。クラスでひとりぼっちの生活を続けていくうちに、卑屈な心根になってしまっていたことも、精神病になった理由のひとつだと思います。自分に自信を持てていなかったことも、医師との会話の中で気付くことができました。今だから言えることですが、私がもし精神科を毛嫌いして自分の世界に閉じこもっていたら、社交的な性格には一生なれなかったと思います。私は通院を続けながら精神病を治していき、進学して友達を作ることに成功しました。それから学校がストレスであるという気持ちも薄れていき、学校が楽しみにすらなったのです。精神科の医師は精神病を治し、私の人生を変えてくれました。もし学校でストレスを抱えている人は、ネットで調べて有名な病院を訪ねてみることもいいと思います。

メンタルトラブルを把握

カウンセリング

精神疾患は、通常症状の程度に応じて複数のレベルに分類されます。本人が病気の自覚がない統合失調症などは、これまで精神病の一つとして考えられてきました。現在ではこういった精神的な疾患の画像診断が可能です。

心の傷を修復するポイント

医療

ストレスを感じやすい社会的環境もあり、精神病患者は年々増加傾向にあるとも言われています。こうした状況を踏まえて周囲からの刺激や、精神病のトラブルとなる因果関係とうまく向き合うヒントについてまとめています。

心の病はなぜ起こるのか

落ち込み

精神病はストレスが脳内物質の乱れを引き起こすことで発症することが分かっています。そのため、心の持ちようではどうしようもないことがあるという点を理解する必要があります。精神病を患っても現在では様々なサポートが受けられます。

病気を理解するために

心のカギ

精神病とは、人が受けるさまざまなストレスだったり、環境の変化で誰でもなり得ることです。日常で受けるストレスを我慢せずに、時間を作ってストレス発散させることが精神病を未然に防ぐことで大切です。