精神病も珍しくない時代|人生大逆転モード突入で輝く未来

メンタルトラブルを把握

複数のレベルに分かれます

カウンセリング

メンタル面の不調は現在非常に増えています。こういった不調は、通常症状の現れ方や程度に応じていくつかのレベルに分類されるのが一般的です。例えば比較的軽度な症状の場合には、ストレスへの一時的な反応と診断されます。近親者が亡くなった際の抑うつ症状や仕事のプレッシャーによる心身の不調などが、こういったストレス反応の一例です。特定の症状が長期に渡って繰り返し生じるような場合には、神経症として扱われます。元の性格や環境要因によって、精神面のバランスが崩れていると判断されるため、この場合には抗うつ薬や精神安定剤、抗不安薬などが症状に応じて処方されます。カウンセリングや認知行動療法などが試みられるのも、こういった神経症の特徴です。一般的にはうつ病や不安障害なども神経症に該当します。一方、幻覚や幻聴を伴う統合失調症などの場合には、これまで精神病として認識されてきました。統合失調症では精神的な問題への自覚が欠けていることも多く、自身で病気の存在に気が付いていない場合があるのが、他の精神疾患との大きな違いです。状況の認識や行動にも唐突な面があり、神経症やストレスによる精神不調との鑑別は比較的容易に出来ます。

脳の状態が参考になります

最近では様々な精神疾患を、脳の画像診断を用いて調べることが可能になりました。このような画像診断では各病気に特有の兆候が見られることが多く、血流量の低下や組織の委縮などが病気の有無を把握する一つの参考とされているのが現在の精神医療です。精神病として認識されてきた統合失調症の場合には、概して脳の組織に委縮が生じていることが多く、各部位のバランスにも健常者とは異なる特徴が見られます。これまでは主に対話によって診断されていた精神病は、現在ではこういった画像診断でもある程度把握することが可能です。画像による病気の兆候は、精神病のみならず一般のうつ病でも少なからず見られます。うつ病の場合には概して脳の血流が低下していることが多く、神経伝達物質のバランスが崩れているのが常です。医療機関によってはこの手の画像診断を外来診療に取り入れており、より正確に病気の有無をチェックすることが出来ます。脳を刺激する治療法も同時に試されるようになり、これまでとは明らかに異なる治療のアプローチが行なわれている状況です。新しい事実が判明したことで、精神疾患の治療も昨今では少しずつ変化しつつあります。特に最近注目されているのが、神経伝達物質の働きです。