精神病も珍しくない時代|人生大逆転モード突入で輝く未来

心の病はなぜ起こるのか

心の病の本質とは

落ち込み

近年、うつ病をはじめとする精神病の患者が急増していますが、精神病についての誤解は多くあります。その誤解の一つに、精神病の原因が挙げられます。精神病は確かにストレスから引き起こされる要素が強く、心の動きと強く関連しているのですが、実際はストレスによって脳内物質のバランスが乱れることで起こるということが分かってきています。このことから、精神病は本人の気の持ちようや考え方によって治せるわけではないことが分かりますし、精神病の治療には脳内物質のバランスを調整する薬の服用が欠かせないことも分かります。身近な人に精神病を抱える人がいる場合、その病は本人がコントロールできる状態ではないことを理解してあげることで、患者への言葉遣いや手の差し伸べ方に注意することができます。また、自分が精神病を患った時も、心の持ちようではなかなかどうにもならないことを受けいれることで、「今は休まないといけない」と思えるようになりますし、薬の服用も治療の一環として受け入れやすくなります。このように、精神病は心と関連するストレスの影響による病気であり、同時に脳内物質の乱れという要素を持つことを理解し、正しく精神病と向き合うことが大切です。

心の病と付き合う工夫

以前は偏見が強かった心の病も、患者の急増やメディアを通して認知度が高まり、企業や制度など様々な面でのサポート制度が整ってきています。一方で精神病を抱える多くの人は、真面目な方が多いとされ、精神病を理由に仕事を休んだりすることに対して強い罪悪感を抱えがちと言われています。その罪悪感への対処の工夫として、心の病を患ったらまずは自分が所属する組織や地域、通っている病院のサポート情報を調べてみましょう。現実的に支えてくれる存在があることで、気持ちも楽になり、更に休職などで療養していても社会との接点を保つことができ、その後の社会復帰もスムーズに進みます。また、実際にサポートしてくれる環境があることで、自分の病も肯定することができ、治療にもポジティブな影響を与えます。具体的なサポートとしては、企業では障害者雇用、制度では医療費の減免や障害年金の給付、病院では患者同士のコミュニケーションを図る場の提供などが挙げられます。これらのサポートはサポートを受ける人のためにあるわけですから、支えられることを負担に感じる必要はないと心得ておく工夫も大切です。このように、精神病を取り巻く環境の改善が進んでいますので、その環境をうまく活用して治療に専念しましょう。