精神病も珍しくない時代|人生大逆転モード突入で輝く未来

病気を理解するために

病気の分類や症状

心のカギ

精神病とは、妄想や幻覚が起きる症状の病気です。普通な健康の方でも、生涯において精神病体験を5.8%の人がしています。伝統的な分類の仕方では、二つの分類に分けられます。それは「精神病」と「神経症」です。しかし、これは正確ではない診断をもたらし、さらに正確な診断を行うために分類が発達しました。この意味では、精神病とは精神障害の全てを含めている意味であり、神経症より重い症状のことを意味します。例として、統合失調症や躁うつ病などが含まれています。精神病は、行動や思考の障害が激しく、現実検討ができない幻覚や幻想を見る症状が出ます。この病気になるにはさまざまな原因があります。当人の周りの環境や心の中など、強いストレスを受けることで発症するケースがあります。この場合は、心因性精神病と呼ばれます。心因性精神病は、強い反応が起こり現実検討能力に障害が見られます。これらの障害以外にも、数多くの精神病が存在します。その中の一つ、鬱病は世間一般的にも有名です。鬱病は、身体的や心理的に大きな変化がある10代や20代、環境の変化などがある30代に多く見られます。鬱病は、何もやる気が起きない、睡眠障害などが特徴です。これら全ての精神病は、心身のストレスが多く関わっているのです。

治療で大切なこと

精神病は、色々な種類に分類されますが、ストレスや環境が原因のことが多く、その環境から一度離れるという行動で精神病を未然に防ぐことができます。なので、最近ストレスを感じるなどと思った方は、ストレス発散のために自分の趣味の時間を作ったり、一日の休みを使って旅行などに行ったりと気分転換が大切です。それでも、精神病になってしまい症状が現れてしまった場合は、直ちに精神科への受診が必要です。治療としては、症状を軽減するためと興奮を抑えるために抗精神病薬という薬を使用します。従来の薬は副作用が強く、手が震えたり、パーキンソン病の症状や鎮静が強かったりするなどがありましたが、最近では副作用の少ない薬が中心として使用されています。精神病の症状は多数あり、一日中横になっていて何もしなかったり、あまり食べ物を食べなくなったり、笑わなくなったり、これらは我儘をしているように見えますが、決してそうではありません。時には自殺を考えてしまう方もいるほどです。こういうときには決して励ましたり、怒ったりしてはいけません。優しく見守ってあげるだけでいいのです。そして、出来る限り早めの受診をして医師に相談し、治療を開始することが大切です。